あなたは大丈夫?やってはいけない記事タイトルの付け方5選

記事を書いているけど、クリックされないなぁ

けいすけ
それ、記事タイトルが悪いかも!

 

本記事では、初心者がやりがちなやってはいけない記事のタイトルの付け方について説明していきます。

 

本記事で紹介する内容を把握し、ユーザから読まれやすい記事タイトルにしましょう!

 

 

やってはいけない記事タイトルの付け方5選

それでは、早速やってはいけない記事タイトルの付け方について、紹介していきます。

やってはいけない記事タイトルの付け方
  • 記事タイトルにキーワードが入っていない
  • 長すぎる記事タイトルになっている
  • 書き手視点のタイトルになっている
  • 記事タイトルに答えを書いている
  • 胡散臭い表現をしている

詳細を説明していきます。

記事タイトルにキーワードが入っていない

キーワードがタイトルに含まれていない記事は、検索結果の上位に表示されにくいです。

 

例えばこの記事では、「記事+タイトル」やというキーワードが含まれています。

なので、「記事+タイトル」というキーワードで検索したときに、検索結果の上位に表示される可能性があります。

あなたの記事を検索結果の上位に表示するために、まずはタイトルに検索キーワードを含めてみてください!

長すぎる記事タイトルになっている

長すぎるタイトルには、大きく2つのデメリットがあります。

  1. ユーザが読みづらい
  2. Google検索結果にちゃんと乗らない

 

まず、長いタイトルはユーザビリティが低いです。

記事タイトルが、50文字も100文字もあるとユーザは長くて読む気がなくなります。

 

ユーザに、何を解決する内容が書かれている記事かを、短くわかりやすく紹介するのが記事タイトルです。

色々内容を入れたい気持ちも分かりますが、ユーザ視点でメリットを提示できる記事タイトルにしましょう。

 

次のデメリットですが、Google検索結果にちゃんと乗りません。

Googleの検索結果で表示する記事タイトルの文字数は、大体32文字前後だからです!

このように、Googleでは検索結果にタイトルを全部載せているわけでないんですね。

大体30~34文字程度しか表示されません。

 

長い記事タイトルを付けてしまうと、どのような記事なのかを検索結果だけでは、判断できずユーザにもクリックしてもらえません。

32文字前後で、ユーザに伝わる記事タイトルを付けましょう。

書き手視点のタイトルになっている

書き手側の視点と読み手側の視点の差から、キーワードが不一致になってしまうケースをよく見かけます…

 

たとえば「人材紹介」と「転職」という言葉。

読み手は自分が「転職」をしたいので、検索時は「転職+〇〇」で検索をします。

 

それなのに、企業側が「人材紹介」という言葉でタイトルを作ってしまっていると、せっかく作りこんだ記事もユーザの目に止まることはありません。

 

これは非常に勿体ないです。

折角書いた記事です。ユーザに読まれる工夫は細部までこだわりましょう。

 

記事タイトルに答えを書いている

記事タイトルに答えを入れるのは絶対NGです!

ユーザは自分の悩みを解決をしたいために調べています。

そんな時に記事タイトルで、悩みを解決してしまうとユーザは検索をやめてしまいます!

 

ユーザに対して、「この記事には悩みを解決する答えと具体的な手順とかが載ってそう」と思わせるタイトル付けが必要です。

『記事のタイトルで集客する』ということをしっかり考慮して、タイトルを決定しましょう。

胡散臭い表現をしている

読者を集客したいからと、大げさな記事タイトルを付ける人がいます。

例え 『作業時間5分! 1日で100万円かせぎ続ける方法』

 

大袈裟ですよね(笑)

このようなタイトルでは、大多数の人が「あやしい…」と思うはずです。

誇張しすぎず、でもユーザをワクワクさせるタイトルを付けましょう。

まとめ

やってはいけない記事タイトルの付け方について5つ紹介してきました。

改めて確認しましょう。

やってはいけない記事タイトルの付け方
  • 記事タイトルにキーワードが入っていない
  • 長すぎる記事タイトルになっている
  • 書き手視点のタイトルになっている
  • 記事タイトルに答えを書いている
  • 胡散臭い表現をしている

 

記事タイトルは、「ユーザがそのサイトを訪れるかどうか」を決めるとても重要な要素です。

 

どれだけ質の高い記事を書いても、ユーザがクリックして読んでくれなければ全く意味がありません!

 

少しでも注意をひいて、読みたいとユーザの感情を動かすことが大切です。

ぜひ今後の記事作成時は意識して取り組んでください!

スポンサードリンク
おすすめの記事